pm2.5体験

去年からよく聞くようになったpm2.5。
何のことかよくわかっていなかったのですが、和訳すると「粒子状物質」と言い、肺の奥まで入りやすく身体に異常をもたらすものらしいです。
最近騒がれているのは、中国から流れて来る粒子状物質。
中国の大気汚染が悪化して、それが風に乗って日本に運ばれて来ることで、日本国内の空気まで汚染されてしまうなんてとても厄介な話ですね。
この間、地元のpm2.5の濃度がとても濃くなり、自治体から注意喚起が出ました。
「屋外での長時間の運動は控える」だとか「換気はしないように」というような内容でした。
外に出ると少し先のビルが霞むほどに空気が汚れていて驚きました。
花粉でも黄砂でもない、わけのわからない物質というところが更に不気味です。
その日は喉がピリピリして、目もシバシバするような感じがしました。
マスクをつけたのですが、普通のマスクだったので効果はあまりなかったのかもしれません。
中国の大気汚染は怖いですね。